戸塚斎場

  • 横浜市の戸塚斎場は市営の火葬場併設の斎場ですので、出棺後の車での移動がなく、通夜から火葬まで1ヶ所で執り行うことができます。
  • 市民のための斎場で、価格も抑えられていますので、利用頻度も高く、かなり混み合い平日でも数日待たされる場合があります。
  • 式場予約は市民優先になり、市外の方も受付けますが、市民の方が通夜の6日前からに対し、市外の方は通夜の前日からになり、実質上市外の方はこちらでのご葬儀が不可能な状況です。ちなみに、平成23年度は0件でした。
  • 葬儀・告別式での駐車場スペースがご喪家別に区画されて駐車可能な台数が決められ、係員の誘導に従うことになり、不自由な面も出てきますので、できるだけ公共交通機関またはタクシーのご利用をお勧めします。
  • イス70席ほどの2式場は、家族葬から一般葬までのご葬儀に対応可能ですが、大人数の場合でも全館貸切はできませんので、大型のご葬儀をご希望の方には他の地区の市営斎場をお勧めすることになります。
  • 直葬でご利用の場合は5~10分ほどのお別れをすることができます。
  • よい葬儀にするために、戸塚斎場に精通した葬儀社を選ぶとよりよいでしょう。
戸塚斎場
横浜市戸塚斎場全景。左建物は火葬棟 右建物は葬祭ホール(式場)

戸塚斎場の基本情報まとめ

住所 神奈川県横浜市戸塚区鳥が丘10-5
対応規模 斎場の1階、2階にそれぞれ中クラス(イス68席)の式場と遺族控室と広い受付ロビーを有していますが、ロビーは通夜のお清め所を兼ねますので会葬者数が制限されたり、また全館使用もできませんので、大規模なご葬儀は難しく、家族葬から一般葬向きになります。
対応宗教 宗旨宗派問わず、利用が可能です。
費用 (下記に使用料別明記)
ご利用資格 市外の方も受付ますが、市内の方が通夜の6日前からに対し、市外の方は通夜の前日からになり、実質上市外の方はご利用が難しい状況です。
待ち日数目安 年間を通して混み合い、7日以上待つことはありませんが、平均4~5日は待たされます。

戸塚斎場のお勧めポイント

松本明子
葬儀相談員
松山悦子(斎場取材)

出棺後の移動がないため、ご親族にお身体の不自由な方やご高齢の方が多い場合、また、静かな環境の中でお見送りされたい方にお勧めいたします。リーズナブルな価格ですので、葬儀費用を抑えたい方にもお勧めいたします。

火葬場併設の市営斎場の中では一番古い斎場で、以前はうっそうとした木立に囲まれ、入口に差し掛かると清冽な印象を強く感じ取りましたが、リニューアルされて建物のみならず、周りの景色まで一変して、見違えるほど明るくなりました。

斎場入口のなだらかな坂道を行くと、正面建物が火葬場、右建物が式場になります。
式場は1階2階にそれぞれ1式場ずつありますが、入口が別々で使用時間も異なりますので、他家と交わることはありません。

2式場とも広さは同じですが、2階はエントランスが長いだけでなく、外階段にも並んでお待ちいただけますので、その分ご会葬の方々を多く受け入れることが可能です。
他市の火葬場併設の斎場では多くの場合通夜のお清め所として独立した式場控室が設けられていますが、こちらでは空いている空間でお清めをしていただくというスタンスでロビーの一角にイスとテーブルをセッティングし、お清め所として利用していただくことになります。

また、式場、ロビーとも明るくリニューアルされて、リーズナブルな使用料ですが、時間の制約等がありますので、ご注意ください。

1階と2階のホールでは通夜と葬儀・告別式とも利用時間が決められており、出棺後は式場に戻ることができず、また閉門時間(21時30分)も決められています。2階ホールをご利用されるご喪家は通夜が19時からと遅く、お清め時間がその分短縮されてしまい、あわただしさを感じる方もいらっしゃるようです。

斎場サイドでは横浜市の特色として、他の市営斎場も同様に費用と時間の短縮を1番にされているとのことです。
また、式場使用の場合はこちらでの火葬が原則となり、市民と市民以外の方とでは予約日が異なり、11時台、12時台、13時台の火葬の予約は市民優先枠になっている等の制約もあります。 斎場での市民とは故人様の死亡時の住所が横浜市内の方のことになります。

戸塚斎場の口コミ

斎場を実際に使用してみた感想

ホールにあるトイレが和式で、高齢者には使いにくいです。 その他は特にありません。~サポート相談事例9より~

築年数が古いためだと思いますが、式場と会食の場所がパーテーションで仕切られるだけで別室になっていないことが良くないと思います。ただ、葬儀場と火葬場が同じ場所なので移動が早くスムーズに行えました。告別式が暑い日だったので助かりました。~サポート相談事例3より~

火葬場に併設の斎場で、安価であり、広い駐車場も完備しており良かったです。また、霊柩車を使用する必要もありません。~サポート相談事例2より~

この斎場を選んだ理由

費用が安く、家からも比較的近かったので。~サポート相談事例7より~

自宅から近く、火葬場に併設した、公営斎場だから。~サポート相談事例2より~

戸塚斎場における、すべての口コミおよび、サポート相談事例、葬儀費用プランについては、下記のリンクよりご覧いただけます。

戸塚斎場の詳細情報まとめ

式場 1階ホール:イス68席:1、2階の2式場だけですので、会葬者が多い場合でも双方合わせての使用はできません。
2階ホール:イス68席: 1階の式場と同じ広さですが、外階段とエントランスが長いので、会葬者が多い場合の対応は1階の式場よりも融通がききます。
お清め所 1階、2階ホールともお清め所用の部屋を特別に設けてはいません。式場に続くロビーにイスとテーブルをセッティングし、こちらをお清め所として利用します。 また、通夜の時間が式場により異なり、遅く始まる2階ホールの場合はその分お清め時間が短縮され、物足りなさを感じる方もいらっしゃるようです。 式場担当者からは「通夜のお清めの時のみ、テーブル10脚とイス40脚をロビー後方の収納室から取り出しますが、このとき、イスがが足りないからと言って式場専用のホールのイスは使用しないでください」との申し出がありました。
エントランス 式場棟の1階、2階ホールのエントランスは明るく広い空間を有していますが、受付やご会葬の方々の待合所としてだけではなく、通夜のお清め所用としても利用されています。
安置 安置所がありませんので、ご遺体は通夜当日お柩に入った状態での受け入れになります。
宿泊 1階、2階ともロビー後方にある遺族控室(和室6畳)と導師控室(和室3畳)にて4~5名様ほど、通夜の仮宿泊が可能です。ただし、不慮の事故を考慮して、お泊りは2人以上をお願いしているとのこと。 シャワー等の設備はありません。 寝具類は葬儀社さんに依頼してください。 宿泊ご希望の方は受付時に配布された「通夜付添名簿」を警備員室に提出してください。 閉門は21時30分です。
駐車場 駐車場は斎場建物前庭のみの限られた空間を区画し、1喪家ごとに2列3台ずつの計6台まで収容可能ですが、奥に入れた場合、狭い空間での出し入れが難しいとの指摘も聞かれますので、日中は誘導する従係員の指示に従ってください。 区分けは1番~16番まであり、16番は障害者用になっています。通夜では1階ホール使用家が1~8番(24台まで)、2階ホール使用家が9番~16番(24台・障害者用が使用されていない場合)まで利用できます。
休場日 1月1日、2日及び市長の定める日。ただし、友引の日については、市営4斎場を輪番で1斎場開場。
費用 葬祭ホール(式場) 50,000円(市内居住者)
75,000円(市外居住者)
休憩室(20席) 2,500円(市内居住者)
3,750円(市外居住者)
火葬炉 12,000円(市内居住者)
50,000円(市外居住者)

直葬(火葬のみ)でご利用の場合

利用資格 故人の住民票が横浜市にある場合、市民扱いが適用になります。市外の方も受付ますが、火葬の場合、市外の方は3日前からの予約になるため、実質上市外の方はご利用が難しい状況です。 
お別れの場 告別ホールにて、花入れや読経を含めて10分以内でお願いします、とのことです。
待ち日数目安 利用希望者が多い斎場ですので、火葬のみでも4~5日待たされることがあります。
戸塚斎場:1,2階とも葬祭ホール(式場)
1,2階とも葬祭ホール(式場)
戸塚斎場:火葬棟
火葬棟建物正面玄関入口
戸塚斎場:第1葬祭ホール
イス64席の第1葬祭ホール
戸塚斎場:受付ロビー
明るい雰囲気の受付ロビー
戸塚斎場:ロビー兼お清め
受付ロビー兼お清め所
戸塚斎場:親族控室
和室6畳の親族控室
戸塚斎場:駐車場
前庭の縦長区画の駐車場
戸塚斎場:斎場前の道
正門から斎場へと続く坂道

交通アクセス

◦JR戸塚駅西口の戸塚バスセンター7番より神奈川中央交通バス79系統「弥生台」行きにて「戸塚斎場前」下車。バスの所要時間約15分です。
◦相鉄いずみ野線「弥生台駅」の駅前バス乗り場より、神奈川中央交通バス79系統「戸塚バスセンター」行きにて「戸塚斎場前」下車。バスの所要時間約15分です。
◦横浜市営地下鉄「踊り場駅」4番出口からですと徒歩で15分ほどかかります。
◦JR戸塚駅西口タクシー乗り場からタクシーですと10分ほどです。

ページトップへ