横浜市でのキリスト教の葬儀

  • キリスト教での葬儀に慣れている葬儀社は多くありません。経験が豊富で慣れている葬儀社を選ぶことが大切です。

横浜市でのキリスト教の葬儀

松本明子
葬儀相談員
松本明子(解説)

横浜市を含む都市部である、神奈川・東京・埼玉の地域でキリスト教での葬儀を行った方の割合について(横浜市に絞った調査は無いのですが、おそらくそれほどかわらないように思います)、財団法人日本消費者協会の調べでは、平成19年の調査ではキリスト教での葬儀を行ったという方の割合は4.7%でしたが、平成26年1月報告の調査報告では、葬儀全体の6.7%になり、調査対象者の中にキリスト教で葬儀を行った方が若干増加している結果となりました。

しかしながら、増加したとはいえ、キリスト教での葬儀は葬儀全体の施行割合からみても少数です。 左下表で見る通り、全体の6.7%しかなく、施行自体が少ないため、どの葬儀社でもスムーズに対応できるとは限りません。

キリスト教葬儀の割合
宗教別施行割合

よりよい葬儀にするためには、キリスト教の葬儀を得意としている葬儀社に依頼することが大事です。

原則として、カトリック教会では生前に洗礼を受けた人しか受け付けませんので、葬儀は故人が属した教会で行うことが多く、一方、プロテスタント教会では、親族が信者ならば故人が信者でなくても受け入れてくれる場合があります。また、遺族や親族が信者でなくても受け入れてくれることもあります。

キリスト教の葬儀での斎場選び

キリスト教では、通っている教会で葬儀をすることが多いですが、例えば故人だけが信仰していたり、キリスト教系の学校に通っていたなどの理由から、特に通っている教会は無いけれど、キリスト教での葬儀を希望しているという場合は、葬儀の会場として自宅や斎場を使用します。

斎場を使用する場合には、宗旨宗派問わず利用が可能な斎場を選びます(各斎場の情報ページ参照)。

北部斎場、南部斎場、戸塚斎場、久保山霊堂などの公営斎場では問題なくキリスト教での葬儀を執り行うことができます。また、葬儀社が保有する自社会館などは融通性がありますので、柔軟な対応が可能です。寺院が管理している斎場では、仏式のみとされているところもありますが、一部では、キリスト教での利用ができる会館もあります。

キリスト教葬儀でも利用可能な一休庵久保山式場
宗旨宗派問わず利用が可能な
一休庵久保山式場

一休庵久保山式場は、寺院が管理する式場ですが、宗旨宗派を問わず利用できますので、キリスト教での利用も可能です。

緑区長津田にある山水閣でも宗旨宗派問わず既成宗教でしたら利用が可能です。しかし、こちらの場合は、仏式以外のご葬儀で利用される場合でも、掛け軸などの仏式を思わせる装飾などは外したりすることはできません。そのままの状態でよいという場合のみ、利用が可能です。

キリスト教の葬儀のまとめ

  • 教会に通われている場合にはその教会で葬儀を執り行いますが、特に通っている教会が無い場合には、自宅や斎場を利用します。
  • 斎場は、宗旨宗派問わず利用ができるところを選びます。
  • 施行経験の少ない葬儀社もあるので、慣れているところに依頼することが大事です。
  • 葬儀代金とは別に、宗教者への謝礼が必要です。

キリスト教の葬儀の費用プランとサポート相談事例

ページトップへ