横浜市での一日葬

  • 通夜を行わず、ご火葬の日に告別式のみを行う一日のみの葬儀です。
  • 斎場を利用する場合、一日のみの使用でも2日間の使用料がかかる場合があります。
  • 菩提寺がある場合には、まず菩提寺様に相談する必要があります。

横浜市での一日葬で気を付けるべきところ。

松本明子
葬儀相談員
松本明子(解説)

一日葬とは、通夜を行わず、ご火葬の日に告別式のみで執り行う葬儀のかたちです。

費用が抑えられることや、火葬のみでは寂しすぎるので、また、親族が高齢、また、遠方であったりと、2日間来ていただくことが困難と思われる場合などに一日葬を希望する方が多いようですが、菩提寺がある場合には注意が必要です。

仏式の葬儀では、通夜や葬儀・告別式は宗教的に一連の流れとされていますので、2日間で執り行うことに意味があります。お寺さんによっては、葬儀は必ず通夜・告別式をしなくてはならないと考えられているところもありますので、菩提寺がある場合には、必ずご住職に相談し、了承を得る必要があります。

また、親族などには一日葬で執り行う意向があることを事前に話しをしておいた方がよい場合があります。ご喪家は一日葬でと考えていても、親族の強い意向で2日間の葬儀に変更になった例などもあります。

なお、仏式の葬儀でも、菩提寺が無く紹介の僧侶に来ていただく場合や、無宗教での葬儀では、一日葬で執り行っても問題はありません。

横浜市の市営斎場でも、一日葬の使用は基本的に認めていない。

また、ご自宅で葬儀を行うことができる場合にはとくに問題はありませんが、斎場を利用する場合、ほとんどの斎場では一日のみの利用でも2日分の使用料がかかりますので、式場にかかる費用は軽減されないことが多くあります。

一日葬でも2日分の使用料がかかるところが多い
妙蓮寺斎場では一日の利用
でも2日分の使用料がかかります

葬儀社が保有する自社斎場の場合はワンデーなど、一日葬のプランを用意している場合もありますので、柔軟に対応してもらうことが出来るかと思います。

なお、横浜市の市営斎場では、一日葬での使用を基本的には認めていません。一日葬に近いかたちで行うことはできますが、「それならば」と、2日間の葬儀に変更される方も多いようです。

一日葬だからといって葬儀費用は半分にならない。

一日葬は、通夜がありませんので通夜料理や会葬返礼品等のおもてなしにかかる費用が軽減されます。また、紹介などの宗教者の場合には宗教者費用が軽減される場合がありますが、ごくお身内のみの葬儀でもともとお食事等のおもてなしを不要と考えられている場合や無宗教での葬儀では、必ずしも費用が大きく変わるとは限りません。

一日葬のまとめ

  • 菩提寺がある場合、必ず菩提寺に相談する必要があります。
  • 親族の調整が必要になる場合があります。
  • 斎場は2日間の使用料がかかる所が多いですが、一日葬での費用設定をしている斎場もあります。
  • 横浜市の市営斎場では、一日葬での使用を認めていません。

一日葬の葬儀費用プランとサポート事例

ページトップへ