競争による質の向上


葬儀社間に健全な競争があれば、当センターがとやかく言う必要もなく、葬儀社側に緊張感を持たせて見積りや対応をしてもらえるようにすることができます。その結果、ご相談者がより費用を抑え質の高いサービスを受けられると考えています。
 ご相談者からして、複数社を見比べられれば、より最適なところを選べる可能性は高まるでしょう。

費用を抑え質の高いサービスを受けるために

仮に、自由競争という競合の土壌がない中での1社に依頼すれば、やはり、どんなに良心的な葬儀社と言われていても高いものにつく可能性が大いにあるということです。
  大概の場合、ご相談者は葬儀に関し専門知識はあまりないなわけです。祭壇を30万円にするのか50万円にするのか判断不能です。そうすると、葬儀社は仮に悪気がなくても、それに付け込んで費用を上げようとする誘引が常に起こってきます。たとえば、営業担当者に歩合制をしいているところは、悪気はなくても、そうなる可能性が大いにあります。(悪気がなくてもこうした誘引があるのですから、悪気があればどこまでひどくなるのかは想像できるでしょう)

もっとも、中小企業などで生き残るために、価格競争を避けて何らかの価値をつけて単価を上げるやり方は正しいことだと思います。しかし、何の価値もつけないだけでなく、相手の無知と懐事情に付け込むという形で価格を吊り上げ、しかもその吊り上げ方が極端に大きいところが問題です。
 これを防ぐために、 ある程度のレベル以上の葬儀社を競合させるようなやり方によって、儀社側に緊張感を持たせて見積りや対応をしてもらえるようにすることが必要だと思います。
  もちろん、センターは、トラブルを防ぐための仕組みを作っておりますが、これはどちらかと言うと、“トラブルにならない” “最悪にはならない”という消極的な色合いが強い感じです。より積極的に満足度を高めるため、同じ土俵で競合してもらえば費用の低下とサービスの質はより確実に上がると考えています。

最適な葬儀社を選ぶために

ご相談者からして、複数社を見比べられれば、より最適なところを選べる可能性は高まります。そして、できうるならば、紙での見積もりだけの比較だけでなく、担当社レベルまで見られれば、満足度もそうとう高まるのではないでしょうか。葬儀の施行は、担当者の能力によっても左右されます。葬儀社自体はご相談者のご要望を満たしてくれるところだとしても、担当者があまりにもひどければ眼も当てられない状況になる可能性もないとは言えません。それゆえ、可能であれば、担当者の人柄や能力を見るという意味において、一度、担当者と話して見比べることをお勧めします。
  また、担当者の能力という以外に、ご相談者との相性も大事です。大きく分けて、黒子型キャラクターの担当者が合うのか指図型が合うのか、打ち合わせをしてみないとわかりません。より最適にするためにできれば担当者と話してみることをお勧めしたいと思っています。

このページは、別ウインドウで開かれたページです。検索などによりこのページを最初に見た方は、本体の各ページを是非ご覧いただければと思います。当センターの目的である「適切な葬儀社選びで、葬儀を前にした不安を取り除いてもらう」ようなサポートになっています。

あさがお葬儀社紹介センター横浜市版のHOMEへ 

ページを閉じる